2011年12月12日

600円分の効果

まいど鉛男です。

ネットワークの組み立てが、概ね終了しました。
後はスピーカーボックスに固定してユニットにハンダ付けする状況です。
年内には完成させて、視聴まで持っていきたいと思います。

epoki4.jpg

100円ショップでエポキシを6個購入、片チャンネルあたり3本使用してネットワークを固めました。
ま、600円分くらいの効果は有るんでは無いかと思います。

epoki5.jpg

posted by 鉛男 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年12月18日

FE163En-Sの視聴会行ってきた

まいど鉛男です。

昨日の土曜日、日本橋の河口無線でフォステクスのFE163En-SとT96A-EX2の視聴会が有ったので参加して見ました。
30分以上前に着いたので、システムを確認しました。
CDPアンプはアキュフェーズの高級品、ケーブルもゴッツイものです。

kawaguti.jpg

さて、講師の炭山アキラさんが登場、今回は3種類のバックロードホーンの視聴です。

最初は説明書に乗っているメーカー指定のバックロードホーンです。
先ず驚いたのは中高音の清涼感です。
歪感が無く、とてもフルレンジの中高音とは思えません。
良く出来たソフトドームの3ウェイに匹敵する静けさと情報量、そして見通しの良い音でした。
この時点で16cmフルレンジで私が愛して止まないFP163Nを超えたと思いました。(正直FE166E、166ES-R、166EnならFP163Nに軍配を上げていました。)

一方低音の量や質は中高音に比べて不足気味で、バックロードホーンの爆発力も有りません。
また低音の量が不足気味の割に締まりが無く、ボーボー言っていたのも気に成りました。

次は浅生ムさん設計のバックロードホーンの番です。
一聴して分かる違いは低音の量です。
メーカー指定の箱に比べると低音の馬力も有るし量も十分、先には感じなかった中高音の緊張感も出てきて「あー、これがバックロードホーンだなぁ。」と言う感じです。黒ハート
しかし中低音の解像度は低下、えらく大雑把な表現と成ってしまってます。
また、メーカー指定箱に有った「清涼感」は失われ、FE166Eあたりの中高音に劣化した感じも有ります。ふらふら

最後は、いよいよ炭山アキラさん設計のスワン型です。
音が出た瞬間、「あれ?」犬と思いました。
私がスピーカーを自作して最初に鳴らして「やってもたー!(失敗してもた)」と台詞を叫ぶレベルの音です。
中低音のボーボー感は半端なく、それが音全体の品位を下げてしまってます。
「そんな筈は無い。」と自分の耳を疑いましたが、後で炭山アキラ自身が「ボンつきが取れない」と嘆いてらっしゃったので、所謂失敗作なのかも知れません。
まぁ日本家屋の低音の抜けやすい部屋なら気にならない可能性も有りますが、、、。

通常は最後に出てくるスピーカーが最高な筈でしたが、今回は違いました。
私が3本を設計して自分で採点するなら、90点、70点、50点でしょうか。

メーカー指定箱で聞けた中高音の清涼感を殺さず、低音を増やす事が出来れば満点に近づくと思います。
私なら空気室はそのままで、スロートを少し絞って広がり具合を少し大きくすると思います。
ただ、そう成っているで有ろう浅生ムさんと炭山アキラさん両氏のスピーカーが低音の量と引き換えに「清涼感」を失っている可能性も高いです。

バックロードホーンを背負わせると「清涼感」が失われる感じもしますので、バスレフか密閉で使ってサブウーファー追加が良いかもしれません。(モアイ?)

なお最後にスーパーツィーターを外しての視聴も出来ました。
スーパーツィーターをオフにした状態ならFP163N程の超高音の伸びは有りませんでした。
ただ、繊細感や伸びは無くなりますが、フルレンジとしては中々質が良くなだらかに減衰する感じで、トーンコントロール補正でも十分使えそうな感じでした。

以上

追記
「スワン型は音場感が素晴らしい。」とおっしゃって「合唱のためのシアターピース」と言うソフトを鳴らしていました。
これは私も所有するソフトなんですが、正直自宅のスピーカー(リングP800)の方が、かなり音場感が良いです。
ま、16cmと8cmとの差も有るでしょうけど、、、。
自宅に戻って、当日ゲストで来られていた歌手の井筒香奈江さんのCD(記念に買って帰ってきたのだ)を鳴らしてみました。

自宅のシステムでも十分やで。猫
posted by 鉛男 at 21:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2011年12月25日

一応押えてある

まいど鉛男です。

今月の月刊ステレオの付属はデジタルアンプです。

luxman01.jpg

キットでは無く、完成品なのは少し残念ですが、値段の割に良い感じです。
取りあえず、パソコン用のスピーカー(フォステクスP650のバスレフ)を繋いで鳴らしています。
エージングなしでもソコソコ鳴ってますので、時間を見つけて大きなスピーカーにも繋いで鳴らしてみようと思ってます。

それにしても月刊ステレオ、定価の殆どがキット代金に成っている感じです。
実際、本の方は読むところが少ない、、、。ふらふら
posted by 鉛男 at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年12月26日

エッジ軟化剤

まいど鉛男です。

オークションで、たまに見かけるスピーカーエッジの軟化剤なんですが、えらく高い。目
バイクのブレーキフルード(dot4)を使って柔らかくしてきましたけど、これなら数百円です。
硬化したダイヤトーンのウーファーのエッジを何本も柔らかくしましたが、全然減ってません。
捨てるのも勿体ないからガラスの小瓶に入れて数千円でオークションに出品して見ようかな。猫冗談です
posted by 鉛男 at 21:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記